毎晩、ヒーローたちへの感謝の歓声が聞こえます。


高層ビルのうちのテラスからトライベッカの通りを見た図,

iPhoneを落としてしまいそうで怖い!



ニューヨークのココマスダ です。

数日前から、日が暮れることになると外で大勢の歓声が聞こえるのに気がつきました。

マラソンのゴールで皆が歓声をあげている感じ。

フライ返しでフライパンを叩いている様な音も聞こえます。

何だろう、今はソーシャル・ディスタンスをしている時なのに、、、。

テラスに出て下を見ても何も見えません。

おとといまた始まったので、娘の部屋に行き、

ベットで(アメリカの子達は、人生の大半をベッドの上で過ごすのです。)

いつもの様にお友達とFaceTimeで話している彼女に、

「ねぇ、聞こえる?」と聞くと、

"Oh, I know, 

they are for the first responders."

「うん、わかってる、

 ファースト・レスポンダーのためだよ。」

「えっ?毎晩?」

"Yep, everyone is cheering on their terraces and from windows to thank nurses, doctors, and grocery shopkeepers. "

「そう、皆テラスや窓から歓声をあげて、看護婦さんや、お医者さん、それに食料品店の店員とかに感謝してるんだよ。」

「ヘェ〜。素敵ね!」

ネットで検索してみると本当でした。

毎晩、7時から2分間だそうです。

その様子をこの4月5日付けのCNBCのビデオでご覧になれます。

毎日自分自身を危険に晒して、過酷な状況で

COVID-19 の患者の介護をしている医療関係者と

私たちが不自由なく自宅待機できる様に働いている人たち。

普段は誰も気がつかない食料品店の店員や、

郵便屋さん、宅配便の配達人、

出前の配達の人たちも

今はファーストレスポンダー、ヒーロー達です。

その人達にニューヨーカーが一緒になって感謝する。

「ありがとう!」と大きな声をあげて。

今晩は私もテラスに出て歓声をあげました。

こんなニューヨークが私は大好きです。

 

運営会社

CoCollaborations.com

40 Harrison St. 33C New York, NY 10013 USA

1.212.732.2599

hello@cocollaborations.com

Copyright © 2020 by Coco Masuda