すみません、ハワイ島に来ています。



こんにちは。ココマスダ です。


前回の投稿の続きを書かずに1ヶ月以上経ってしまっただけでなく、新年になってからあっと言う間に半月が過ぎてしまい、新年の挨拶をするべき時期も過ぎ去ってしまいました。申し訳ない〜。


今年も本ブログをよろしくお願いいたします。


私は仕事の締め切りを守らなかったことはないのですが、ブログの場合は締め切りがないので難しいです。「ココさん、早く続きを書いてください!」と懇願してくれるファンもまだいないし〜。でも続きは書きますから待っててくださいねぇ〜。


ブログを書く時間がなかった1番の理由は、田舎の不動産探しです。「えっ、まだ探しているのですか?」と友人に言われましたが、そうなのです。去年の8月の終わりに1件目の物件を買うオファーをし、9月の終わりに車を買ってから、週末に田舎に行かなかった時は、いてもたってもいられない感じでまるで中毒でした。片道約2時間の日帰りのドライブを何度したかわかりません。最初はAirbnbで貸せる投資物件を探していたのが、段々と自分がニューヨークの都会生活を諦めて移住しても良い家(又は土地)を探す心境になって。これもコロナ禍の影響なのでしょうね。


合計3物件(ひとつは土地)にオファーをしたのですが、全て複数のオファーが入って負けました。冬になって雪が降ってからも、郊外と田舎の不動産市場の勢いは止まらず、魅力的な物件は、最初から売り出し価格以上のオファーをするのが常識になりました。それでも買えないのです。私はインテリアの趣味にこだわりがあるので、すでにリフォームしてある家は大体気に入りません。結局自分でリフォームをすることになりますから、将来売りに出して儲けが出ないような値段で買いたくはないので難しいところです。大晦日の日に(はい、大晦日)「多分この家を買うことになるだろう」と思って見に行ったアップステートの物件が外れだったのを最後に、不動産探しはちょっと休憩して、パンデミックでスローになった仕事の立て直しに集中することにしました。


年が明けてからはお陰様で仕事が忙しくなってきた上に、7日からは実は〜ビッグ・アイランドことハワイ島に来ています。


ハワイに来る事はコロナ禍に疲れ切った大学生の娘にずっと懇願されていたのですが、コロナ禍の長旅は感染が怖かった上に、ハワイに着いたら2週間の自己隔離が必要だったのでアウトだったのですが、12月の半ばから、出発の72時間以内にコロナ検査を受けて陰性の結果の証明があれば自己隔離をしなくて良くなったので決心しました。不動産探し中毒になった自分も気持ちのリセットが必要だったので良い機会かな〜と。


それと、飛行機代が通常の約半額だったので、これは利用しない手はないか、と。


お互いのボーイフレンドを引き連れた4人でのバケーションです。日本の感覚ですと、「ええ〜っ?親娘でそんな淫らな!」 って感じですかね。ま、いいではないですか、幸せであれば。いつ死ぬかわからないのですし。


相談するのをすっかり忘れてしまった元夫は、「このコロナ禍に、それも感染度も上がっている時に!キャンセルしろ!」と怒ったのですが、飛行機旅行は思ったよりも安全、という調査結果が出ていますし、アメリカではハワイ州は一番感染度が低い場所なので、寒いニューヨークにいるよりもいいだろう、と思いました。


それと娘が、ハワイに行かれないなら、1月はボーイフレンドと彼の母親がいるマイアミに行く、と言うので、それは辞めて欲しいな、と思った事もあります。マイアミは感染度が非常に高いですから。それなら渡航時間は長いですがハワイに行った方が安全だろう、と。


出発の直前にコロナ検査を受けた上に、ハワイ島に着いた途端に空港で又検査を受けました。幸い全員陰性でした。ニューヨークのJFK空港からホノルルで乗り継ぎがある便で、中央の席を使用しない、という理由でハワイアン航空の便を選んだのですが、何とその方針が12月中に変更になり、乗った時には中央席も使っていて騙された気になりました。結構空いていたので、隣に乗客がいない席に移ることが出来ましたが。もちろん食事をしている時以外はずっとマスク着用で辛かったのですが、毎日マスク着用で仕事をしている人たちの事を考えたら贅沢は言っていられない、と思いました。乗客全員コロナ検査を受けて陰性の結果が出ている事がわかっているのでまだ気が楽でしたけど。


ホノルルからハワイ島のコナへの約1時間の便は満席でした。


私の彼氏のスティーブはハワイに来たことがないので、ホノルルにも数日滞在してあげようかと思ったのですが、都会だし、ハワイ島に比べるとコロナの感染度が高いので今回は辞めました。


のどかなハワイ島にいるとやっぱり楽です。意を決して来て良かった〜と痛感しています。泊まっているのは、以前私がコンドミニアムを持っていた場所の他のユニットです。インテリアは違いますがレイアウトはほぼ同じなので、自分の別荘に帰ってきた感覚です。コロナ禍で現在どこの高級ホテルも格安になっていて、そちらに泊まった方が安上がりだったのですが、自炊が出来ないと疲れるし、ロビーやエレベーターで人に会う事もなく安心なのでこちらをレンタルすることにしました。敷地内に3つプールがあるので、ひとつに人がいたら他のプールに行く、ということが出来ますからコロナに感染する危険性はかなり低いです。

ニューヨークにいる時と同じく町中や店内ではマスク着用ですけど、ビーチや屋外で人が近くにいない時はマスクをしなくて良いですし、(席を減らしてソーシャルディスタンシングを守った)店内飲食はオッケーですし。屋外のバーに座っていても、コロナ禍である事をほぼ忘れられます。あまり飲めないのにバー好きな私は、コロナ禍のニューヨークで何が恋しかったって、バーに行かれないことでした。


今回ハワイに来て、オラ・ブリュー(Ola Brew) というコナのローカル・ブランドのハード・サイダーのレモングラス・フレーバーが気に入ってます。アルコール度数がビールより低くて4.8%だし甘くないのが良いです。私はワイン派で、すぐにお腹いっぱいになってしまうビールは滅多に飲まないのですが、これなら一杯だけ飲めます。


しばらくツーリストが来なくなって大打撃を受けているハワイの経済に少しでも貢献していると思うと嬉しいです。ニューヨークと同じく、潰れてしまった店、臨時休業をしている店は多いです。ローカルで有名なシェフのサム・チョイのレストランも閉まっています。ハワイ初めてのビジターには必須のルアウにボーイズたちを連れていってあげようと思ったのですが、後数ヶ月はやっていないようで残念。


場所は移しても仕事はしてますから完全なバケーションではないですが、早起きをすれば自由時間は十分にありますから、仕事人間の私にはこれぐらいが丁度良いのです。21日から始まる予定の大きな仕事が入っているので、今のうちに出来るだけ楽しんでおこうと思います。


こんな時に、こんな天国にいてすみません。


101回の閲覧

最新記事

すべて表示