ネガティブ回想は止めて前進続けます!


スタジオからの景色:下手な合成写真で失礼!


こんにちは。ニューヨークのココマスダです。


1週間前に、男たちによって狂わされてきた私の資産:その1という投稿をして、「その4」までお届けする予定だったのですが、すみません、辞めます! 「お楽しみに」なんて書いといて酷いですが、「ココマスダの思考の変化をお知らせする」ということでお許しください。


いつかまとめて書くかもしれませんが、「その2」を書かなければ、となった時に、

「私としたことがどうしてこんな事書き始めたんだろう? 」

「今はこんなネガティブ回想にエネルギーを費やしたくない。」

「今後のニューノーマルをどう生きたいか、を考えた方がよっぽどいい。」

と思ったのです。


普段は限りなくポジティブで、嫌なことはどんどん忘れる私なのに、どうしてあんな事を書き始めたか、なのですが、前回の投稿、コロナ感染がとうとううちにも来たか?!体験記」でお知らせしたように、娘と彼女のボーイフレンドのクエンティンと12日間自主隔離する羽目になって時間が出来たのと、もし私が感染して死んだら娘が後始末に苦労しないように、という思い(これは悲観的になったというより現実的な性格のためです)から、今回は、過去の税金申告書と関連書類、不動産売買の書類等をスキャンしてデータにした後に処分するうちに、すっかり忘れていた遠い昔の記憶がどんどん戻ってきた訳です。


断捨離のプロセスは何年も前に始めたことですが、時間がかかる作業です。まとめてやっては他のことが忙しくなって中断し、時間が出来たら又始める、という感じで続けています。先ずはいくつか借りていたトランクルームを全て解約し、余分の家具も服も本も、昔描いたイラストやコレクションしたアートもずいぶん処分しました。そうしたら、新しいアート制作の意欲も湧いてきていたのですが、コロナ禍が続いてプロテストが広まり、ニュースを追いかけているうちに一日が終わってしまった、という日も多くなってしまいました。


ただでさえもコロナ禍疲れが出てきていた時に自主隔離をしなくてはならない羽目になって、自分でも気がつかないうちに思考がネガティブになってしまっていたのですね〜。

「バブルで稼いでいた頃は良かった。」やら

「あの人のお陰で私の人生は、、、」と。


危ない、危ない!コロナ禍の影響、本当に大きいです。


昨日と一昨日は外出することが出来たし、書道の稽古への参加も再開できたし、

今週末は出来るだけ屋外で過ごし、メンタルシフトをさせていただきます。


お騒がせしました〜。

83回の閲覧
 

運営会社

CoCollaborations.com

40 Harrison St. 33C New York, NY 10013 USA

1.212.732.2599

hello@cocollaborations.com

Copyright © 2020 by Coco Masuda