大学生の娘と自宅待機生活です。


Photo by Steinar Engeland on Unsplash


ニューヨークのココマスダです。

自宅待機令が出てから今日で20日目。

私は、大学から春休みで帰宅していて、

そのまま帰れなくなってしまった娘と自宅待機しています。

彼女は大学一年生。

大学はここから車で北へ約3時間半の某ニューヨーク州立大学で、

普段は寮生活をしています。でも、ニューヨークの大都会で育った子ですから、

マンハッタンが恋しく、何かと理由を付けて帰ってきていました。

ご存知のない方もいらっしゃるかもしれませんが、

米国の学校の新学年は9月から始まり、ほとんどが2学期制。

クリスマス前に秋学期が終わり、公立校の春学期は、

1月の終わりから5月の半ばまで。

小学校から高校までは、6月の28日あたりまででした。

後は休み! 

日本の大学の事はよく知りませんが、休みが長いので親は参ります。

私立はさらに授業日数が少ないんです。

それって、高いお金を支払って損じゃない?って思いますがね。

で、春休みが終わる前に新コロナウイルス騒動が始まり、

そのまま今年の残りは、全て在宅オンライン授業で、となってしまいました!

4月から数ヶ月、トロント在住の友人が

ニューヨークに来て娘の部屋を使う、という計画だったので、

「あらま、どうしよう?」

と困っていたら、カナダと米国の国境が通商以外は閉鎖されてしまい、

一応問題解決。

それよりも、去年の9月から

「子育てが一段落した〜!」と

ほぼ一人暮らしの気楽さに慣れてきていた私は、

「うわ〜参ったな〜!」です。

だって、娘の散らかしようっていったらすごかったのです!

家中を綺麗に掃除しても、お友達を連れてきて、

30分でごちゃごちゃに出来るだけ才能があり、、、。

米国では18歳からもう成人ですから、

「あなたはもう大人なんだから!」をマントラに、

最小限のエチケットは守ってもらうことをはっきり申し立てました。

あれからほぼ一ヶ月。

娘の部屋がどんなに散らかっていても、それはもう諦めました。

でも、公共の場である、

玄関、キッチン、リビングルームにバスルームは

いつも綺麗に片付いていること!を要求。

完璧には程遠いですが、高校時代よりずっと良くなった事は確か!

それに、食洗機が洗い終わった後、食器類を戻す、とか

これまではあり得なかった事をやってくれる時も出てきました。

私は昔から自主性を重視する子育てをしてきたので、

学校の授業や宿題等に関してはハンズオフ。干渉しません。

これをやれ、あれをやれ、と言ったら絶対に反抗する子ですが、

「自分で考えて決めて。」「あなたの人生だから」

と突き放すとうまく行くのです。

優等生ではないけれど、まぁまぁの成績は保つし、

問題は起こさないのでそれで良し、としています。

起きてくるのは昼過ぎ。

これは、午前中私が静かな時間を過ごせるので、

実を言うとありがたい。

うちの子は自分の部屋にずっと籠っている子ではないので。

娘が起きてきたら、

リビングのソファに横になって一日中テレビ見ているか、

お友達とフェースタイムをしているか、

ダイニングテーブルでオンライン授業を受けているか、ですが、

これには文句は言いません。

私が自分の部屋に退去します。

私がダイニングテーブルを使いたい時は、

「3時半から1時間お習字するから静かにしてね。」とか、

「6時からZoom パーティーするから」と事前に予約。

あくまでも大人として扱っています。

なんだかルームメートを持った感じ。

一度は私が習字をする隣で、

大人しく絵を描いたりしてビックリ!

そんな事をしたの、小学校ぶり?

以前は毎食作ってあげていましたが、

何しろ、食事の時間がずれているので、

「作れる時には作るけど、後は自分でどうにかして。」

と初めて突き放してみました。

"OK"。

うちの子は、前から料理には全く興味なし。

ずいぶん小さい時から、

クッキーやチーズケーキとかのお菓子は作る子なのですが。

最近よく作るのがキーライムパイ。

私が作った物を食べなくない時は

(これに関しては、また別の機会に)

自分がバイトで稼いだお金で出前を取ってしまうか、

インスタント・ソース焼きそばを作るか(彼女の大好物)

だったのですが、時々料理をするようになりました。

最初はタラコ・パスタを作り続け、

ブロッコリー・クリームスープとか、

サーモンのハニーソース焼きとか、

ネットで見つけたレシピで作るようになりました。

で、ママの分も作っちゃってくれる?

と言ってみると、"OK" と。

いや〜、嬉しい!

一旦家を出して正解!

一品だけしか作らず、

サイドディッシュとかないし、

テーブルを綺麗に整える、とかは全くしないのですが、

「美味しい〜!ママ幸せ!」

と褒めまくります。

私もひとりの時よりまた料理欲が湧いて来ました。

アスリートだっただけあり、

自分の部屋で、良くエキササイズしてます。

「今日からダイエットだから」と。

健康シェークを飲んだと思ったら、

大量のスナックを食べたり、

全く一貫性、持続性がないのはティーンだから?

娘は超社交的なので、自宅待機でお友達と会えなくて落ち込むか、

をとても心配していたのですが、全然平気な様子。

電話とかフェイスタイムとかは年中してますけどね。

もしかしたら、社交のプレッシャーから開放されているのかな、

と思います。

インスタの投稿もほぼ止まっているし。

散歩等の外出も、ここ一ヶ月で4回したかな、ぐらい。

偉いと思います。でも、外出する時にマスクしたがらないんですよ!

私が完全防備だからかはっきりは言いませんが、

格好悪いからだと思います。

ダサいルックスで外に出るぐらいなら、

家にいた方がいい、と思っているのかもしれません。

年頃はそんなものかもしれませんね。

私は普段全く心配症でないのに、

ここ最近、娘が外出すると非常に心配です。

やっぱりウイルスは持って帰って来て欲しくないです。

娘は感染しても症状なく終わるか、病気になっても立ち直ると思いますが、

自分が危険ですからね。もっと気をつけて欲しい。

てな感じの毎日ですが、

もう大人の娘とこんなに濃密な時間を過ごせるのも、

こんな緊急事態でなければあり得ないし、

これが最後でしょう。

ありがたい。

と感謝しています。


15回の閲覧
 

運営会社

CoCollaborations.com

40 Harrison St. 33C New York, NY 10013 USA

1.212.732.2599

hello@cocollaborations.com

Copyright © 2020 by Coco Masuda