全訳:アレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員のテッド・ヨーホー議員の言説に対する演説



彗星のごとく現れ、絶大なファンを有する最年少の下院議員であるAOCことアレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員が、男性のテッド・ヨーホー議員に国会議事堂で罵倒されたことに対する感動の演説を行い、あまりに感動的なのでフェースブックで投稿したところ、「翻訳して欲しい」という要望を何人もの読者から受けたので、翻訳しました。議会なので、特有の言い方をしている部分もあります。


私は、彼女の演説は、ヨーホー議員にだけ向けたものではなく、暗にトランプ大統領を非難しているものだと思います。彼が、女性を侮辱しても許容される環境を作り出したからです。


演説のトランスクリプトを見つけてから、フェースブックに投稿したビデオは、所々がカットされている、ということに気がつきました。上に載せたビデオが全体のようですのでご覧ください。英語を聴きながら翻訳を読んでいただけると幸いです。一応以下がリンクです。

https://youtu.be/LI4ueUtkRQ0


では。


Rep. Alexandria Ocasio-Cortez: (00:00)

アレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員: (00:00) Speaker, I seek recognition for a question of personal privilege.

スピーカー、私は個人的な特権の問題に対する認識を要求します。


Speaker 2: (00:04)

スピーカー2: (00:04) The chair has been made aware of the valid base for the gentlewoman’s point of personal privilege. The gentlewoman from New York is recognized for one hour.

議長は、女性議員の個人的な特権の理由の正当な根拠を認識しました。 ニューヨーク出身の女性議員に1時間を与えます。


Rep. Alexandria Ocasio-Cortez: (00:14)

アレクサンドリア・オカシオ・コルテス議員: (00:14)

Thank you Madam Speaker, and I would also like to thank many of my colleagues for the opportunity to not only speak today but for the many members from both sides of the aisle who have reached out to me in support following an incident earlier this week.

マダムスピーカー、ありがとうございます。そして。今日演説が出来る機会を与えてくれた多くの同僚議員たちに感謝するだけでなく、今週初めの事件後に私へのサポートを表すために私に連絡をとってくれた両党の多くの議員たちに感謝します。

About two days ago, I was walking up the steps of the Capitol when Representative Yoho suddenly turned a corner and he was accompanied by Representative Roger Williams and accosted me on the steps right here in front of our nation’s Capitol. I was minding my own business, walking up the steps and Representative Yoho put his finger in my face, he called me disgusting, he called me crazy, he called me out of my mind, and he called me dangerous.

約2日前、ヨーホー議員がロジャーウィリアムズ議員と連れ立って急に角を曲がった時、私は国会議事堂の階段を上っていたところで、彼は国会議事堂の目の前の階段で私に近寄って罵倒しました。 私は自分のことだけ気にして階段を上っていたのに、ヨーホー議員が私の顔の前に指を振りかざしながら、私のことを、おぞましい、と言いました。気狂いだ、と言いました。頭が狂ってる、と言いました、そしてお前は危険だ、と言いました。

Then he took a few more steps and after I had recognized his comments as rude, he walked away and said I’m rude, you’re calling me rude. I took a few steps ahead and I walked inside and cast my vote. Because my constituents send me here each and every day to fight for them and to make sure that they are able to keep a roof over their head, that they’re able to feed their families and that they’re able to carry their lives with dignity.

それから彼はさらに階段を数歩上り、私が彼のコメントを失礼なものとして認識した後に彼は立ち去り、私を無礼だと、彼が私を無礼だ、と言ったのです。 私は数歩先に進み、中に入って投票しました。 なぜなら、私を選んだ人たちは、私が彼らのために戦い、彼らが住まいを保てること、彼らが家族を養うことができること、そして彼らが誇りを持って彼らの人生を生きることができることを確かにするために、毎日私をここに送っているからです。


(01:43)

I walked back out and there were reporters in the front of the Capitol and in front of reporters Representative Yoho called me, and I quote, “a f***ing b****.” These were the words that Representative Yoho levied against a congresswoman.

私が外に出ると、議事堂の前には記者たちがいて、彼らの前でヨーホー議員は“ファッキング・ビッチ” "いまいましい売女め”と私に言いました。これが、ヨーホー議員が女性下院議員に対して使った言葉です。

The congresswoman that not only represents New York’s 14th Congressional District but every congresswoman and every woman in this country.

ニューヨークの第14下院議員選挙区を代表する女性下院議員だけでなく、全ての女性下院議員、そしてこの国の全ての女性に対して使ったのです。

Because all of us have had to deal with this in some form, some way, some shape, at some point in our lives. I want to be clear that Representative Yoho’s comments were not deeply hurtful or piercing to me, because I have worked a working-class job.

なぜならば、私たち全員がこれに何らかの形で、何らかの理由で、何らかの場面で、私たちの人生のある時点で、経験してきているからです。 私は労働者階級の仕事をしてきたので、私はヨーホー議員のコメントは、私にとって私を深く鋭く傷つけるものではなかったことを明確にしたいと思います。

I have waited tables in restaurants. I have ridden the subway. I have walked the streets in New York City, and this kind of language is not new. I have encountered words uttered by Mr. Yoho and men uttering the same words as Mr. Yoho while I was being harassed in restaurants.

私はレストランのウェイトレスだったことがあります。 私は地下鉄に乗ったことがあります。 私はニューヨークの街を歩いたことがあり、この種の言葉(を受けたの)は初めてではありません。 私がレストランで嫌がらせを受けているときに、ヨーホー氏が発した言葉やヨーホーさんと同じ言葉を発した男性に遭遇した事はあります。

I have tossed men out of bars that have used language like Mr. Yoho’s and I have encountered this type of harassment riding the subway in New York City.

私はヨーホー氏のような言葉を使った男性をバーから追い出したことがありますし、ニューヨーク市の地下鉄に乗っている時にこの種の嫌がらせに遭遇したこともあります。


(03:11)

This is not new, and that is the problem. Mr. Yoho was not alone. He was walking shoulder to shoulder with Representative Roger Williams, and that’s when we start to see that this issue is not about one incident. It is cultural. It is a culture of lack of impunity, of accepting of violence and violent language against women, and an entire structure of power that supports that.

これは初めてのことではない、それが問題なのです。 ヨーホー氏だけではないのです。 彼はロジャーウィリアムズ議員と肩を並べて歩いていましたが、その時点で、この問題は単独の事件ではないことが明らかなのです。 これは社会の問題です。 それは、免責の欠如、女性に対する暴力や暴力的な言葉遣いを受け入れる文化であり、それを擁護する力の絶対的な仕組みなのです。

Because not only have I been spoken to disrespectfully, particularly by members of the Republican Party and elected officials in the Republican Party, not just here, but the President of the United States last year told me to go home to another country, with the implication that I don’t even belong in America.

なぜかというと、特に共和党のメンバーや共和党の選挙で選ばれた役人たちから、ここだけではなく、失礼なことを言われただけでなく、米国大統領が去年私に、私がアメリカに属していないかのように、別の国に帰国するように言ったのです。

The governor of Florida, Governor DeSantis, before I even was sworn in, called me a whatever that is. Dehumanizing language is not new, and what we are seeing is that incidents like these are happening in a pattern. This is a pattern of an attitude towards women and the dehumanization of others.

フロリダのデサンティス知事は、私が宣誓される前でさえ、私のことを「訳がわからないもの」と呼んだのです。 人間を人間とも思わない言葉は目新しいものではなく、私たちに見えているのは、このような出来事が行動パターンとなっている、ということです。 これは、女性に対する態度と他者を非人間化する行動パターンです。


(04:35)

So while I was not deeply hurt or offended by little comments that are made, when I was reflecting on this, I honestly thought that I was just going to pack it up and go home. It’s just another day, right? But then yesterday, Representative Yoho decided to come to the floor of the House of Representatives and make excuses for his behavior, and that I could not let go.

ですから、少しのコメントで深く傷ついたり、気分を害したりすることはありませんでしたが、このことについて考えてみると、正直、荷物をまとめて家に帰ろうと思っていたのです。単によくある日じゃないですか? ところが、昨日、ヨーホー議員は、衆議院の会場にやって来て、彼の振る舞いの言い訳をすることにしたのですから、私はそのままにするわけにはいきませんでした。

I could not allow my nieces, I could not allow the little girls that I go home to, I could not allow victims of verbal abuse and worse to see that, to see that excuse and to see our Congress accept it as legitimate and accept it as an apology and to accept silence as a form of acceptance. I could not allow that to stand which is why I am rising today to raise this point of personal privilege.

私は、姪に対して、私が帰宅して会う小さな女の子に対して、言葉による、そしてそれより悪い虐待の犠牲者がそれを見ること、その言い訳を見て、議会が正当なものとしてそれを受け入れること、そして沈黙を受領の一形態として認めることを、私が認めることはできませんでした。それを我慢することはできなかったので、今日私はこの個人的な特権の重要点を訴えるために立ち上がったのです。


(05:49)

I do not need Representative Yoho to apologize to me. Clearly he does not want to. Clearly, when given the opportunity he will not and I will not stay up late at night waiting for an apology from a man who has no remorse over calling women and using abusive language towards women, but what I do have an issue with is using women, our wives, and daughters, as shields and excuses for poor behavior.

ヨーホー議員が私に謝罪する必要はありません。 明らかに、彼はそれを望んではいません。 明らかに、機会が与えられたとき彼は謝罪しませんし、私は、女性を罵倒することや、女性に対して虐待的な言葉を使うことに対して自責のない男性からの謝罪を待って夜更かしをするようなことはしません。でも、女性たち、妻たちや娘たちを愚かな行動の盾、そして言い訳として使うことには我慢ができません。

Mr. Yoho mentioned that he has a wife and two daughters. I am two years younger than Mr. Yoho’s youngest daughter. I am someone’s daughter too. My father, thankfully, is not alive to see how Mr. Yoho treated his daughter. My mother got to see Mr. Yoho’s disrespect on the floor of this House towards me on television and I am here because I have to show my parents that I am their daughter and that they did not raise me to accept abuse from men.

ヨーホー氏は、自分には奥様と二人の娘がいると訴えました。 私はヨーホー氏の末の娘さんより2歳年下です。 私も誰かの娘です。 幸い私の父はすでに亡くなっていますから、ヨーホー氏が、自分の娘をどう扱ったかを見ないで済みました。でも私の母は、この議会の会場で、ヨーホー氏が私に対して不躾な態度を取ったことをテレビで目撃しました。そして私は、私が彼らの娘であることと、男性からの虐待に屈服するように私を育てなかったことを両親に証明するためにここに立っています。

(07:12)

Now what I am here to say is that this harm that Mr. Yoho levied, it tried to levy against me, was not just an incident directed at me, but when you do that to any woman, what Mr. Yoho did was give permission to other men to do that to his daughters.

ここで私が言いたいのは、ヨーホー氏が課したこの危害は、私に対して課せようとしたものでも、私に対して行われた危害なだけではなく、ヨーホー氏がしたことは、彼の娘たちに同じことをすることを他の男性に許した、ということです。

In using that language in front of the press, he gave permission to use that language against his wife, his daughters, women in his community, and I am here to stand up to say that is not acceptable. I do not care what your views are. It does not matter how much I disagree or how much it incenses me or how much I feel that people are dehumanizing others. I will not do that myself. I will not allow people to change and create hatred in our hearts.

マスコミの前でその言葉を使うことで、彼は彼の妻、彼の娘、彼のコミュニティの女性たちに対してその言葉を使うことを許したのであり、私はそれは容認できない、と主張するためにここにいるのです。 あなたの意見がどうであるかは関係ありません。 私がどれだけ反対しているか、どれだけ腹を立てているか、又、私がどれだけ人々が他人を人間として扱っていないと感じているか、それは問題ではありません。 私はそんなことを自分に許しません。 私は、誰かが私たちの心の中を変え、憎しみを抱かせてしまう行為は許しません。

(08:18)

And so what I believe is that having a daughter does not make a man decent. Having a wife does not make a decent man. Treating people with dignity and respect makes a decent man, and when a decent man messes up as we all are bound to do, he tries his best and does apologize. Not to save face, not to win a vote, he apologizes genuinely to repair and acknowledge the harm done so that we can all move on.

なので、娘がいるからといって男が礼儀正しくなるわけではないということを信じます。 妻がいても礼儀正しい人にはなりません。 尊厳と敬意を持って人々を扱うことが男性を礼儀正しい人にし、誰にでもあるように、礼儀正しい男性が間違いを起こした時、彼は全力を尽くして謝罪します。 名誉を挽回するためではなく、票を集めるためでもなく、犯してしまった危害を修復して認め、皆が前進できるように、彼は心の底から謝罪するのです。


Lastly, what I want to express to Mr. Yoho is gratitude. I want to thank him for showing the world that you can be a powerful man and accost women. You can have daughters and accost women without remorse. You can be married and accost women. You can take photos and project an image to the world of being a family man and accost women without remorse and with a sense of impunity. It happens every day in this country. It happened here on the steps of our nation’s Capitol.

最後に、ヨーホーさんに伝えたいことは感謝です。権力がある男性でも女性を罵倒することを世界に示したことを彼に感謝したいのです。 娘がいても、反省をすることなく女性を罵倒できるのです。結婚していても、女性を罵倒することができるのです。写真を撮って、家庭的な男性であるというイメージを世界に投影していても、反省することなく、罪の意識を持たずに女性を罵倒できるのです。 それはこの国で毎日起こっています。 それは私たちの国会議事堂の階段で起こりました。

It happens when individuals who hold the highest office in this land admit, admit to hurting women and using this language against all of us. Once again, I thank my colleagues for joining us today. I will reserve the hour of my time and I will yield to my colleague, Representative Jayapal of Washington. Thank you.

それは、この国で最高の位の役職についている個人が許容する時に、女性を傷つけ、私たち全員に対して女性軽視の言葉を使うことを許容する時に起こるのです。 改めて、本日はご参加いただき、ありがとうございました。 私は自分の時間を持たせていただいたので、同僚であるワシントン州のジャヤパル議員に引継ぎます。 ありがとうございました。

0回の閲覧
 

運営会社

CoCollaborations.com

40 Harrison St. 33C New York, NY 10013 USA

1.212.732.2599

hello@cocollaborations.com

Copyright © 2020 by Coco Masuda