英語のネーティブとスクラブルをした結果は!



こんにちは。ニューヨークのココマスダ です。


今週末、何年ぶりだろう、久しぶりにスクラブルをしました。

かなり前に娘とやったきりだと思います。


付き合い始めて今年の9月に2年になるアメリカ人の彼がゲーム好きで、特にバックギャモンが好きらしいのですが、私は基本的にゲームは嫌いで、何が楽しいのかわからないのです。一度一緒にやって上げたのですが、嫌々ながらやっていたのが見え見えだったみたいです。


それからも、


Do you ever play cards?

トランプをする事はあるの?


Since you are an artist, I bet you like playing Pictionary?

君はアーティストだから、きっとピクショナリーをするのは好きでしょう?


とか、一生懸命な彼です。

ピクショナリーなんか特に、仕方がない状況以外では全然やる気しませ〜ん。


*『ピクショナリー』は、カードで示されたお題を、絵で素早く描いて自チームの仲間に当ててもらい、

自チームのコマをより早くゴールまで進めるゲームです。


ダーツやビリヤードなどの、スポーツ的なゲームなら好きです。


で、今週末は、

I have Scrabble. How about playing that?

スクラブルがあるけどやってみない? と言った彼。


スクラブルだけは歓迎!

だって、英語の勉強になるから。勉強大好き!


スクラブル(Scrabble)は、1948年にアメリカで作られた、単語を作成して得点を競うボードゲームで、学校英語をちゃんと勉強した人ならできますよ。


彼は何しろ英語はネーティブだし読書家なので、私が知らないようなことわざを使っては、いちいち


Have you heard of this?

これは聞いたことある?


と聞いて、私が「聞いたことない。」というと満足そうにしているんです。

嫌な感じ!

でも私としては勉強になるのでオッケーです。


なので、スクラブルも自分が楽勝!と思ったのでしょうね。

私もそうだろうな、と思いました。


I don't mind if you use a dictionary.

君は辞書を引いてもいいよ。


って言ってくれたのですが、断りました。

同じ条件でやってみようよ、と。

何しろ翻訳家ですから、英語の勉強は毎日してますから、自分の実力試しをしたかったので。


最初に今回のルールを決めました。

  • 一般的に英語で使われている言葉を除いては、外国語は使わない。

  • 時間制限は無し。

  • 略語は、一般的に使われている言葉のみオッケー。

  • お互いが知らない言葉の場合、電子辞書に載っていればオッケー。

最初は彼の方が、点数がダブルやトリプルになるコマを上手く使ってどんどん点数を稼いて、

私も普通のゲームだったら嫌になったかもしれませんが、

ま、そんなもんだろうな、と思ったし、勉強している、という意識だと時間がすぎるのも気にならず、自分でも驚くほど楽しみました。


元々記憶力が超悪く、還暦になってさらに衰えた脳味噌を絞りに絞って粘りました。

大言壮語は全く使えませんでしたが、パスは一度も使わずにすみました。


2時間以上経っても、私が「辞めにしたい。」と言わないので、彼の方が疲れてきた様子。

ちょこっと顔出し。パンデミックで床屋に行かれないので髪の毛が伸び放題です〜。





最後の方ではスコアが近くなって接戦となり、私の方の持ち駒がふたつになってから、ボードに置いてあった”B" に残りの駒を足して、"BIZ"という、日本語でも普通に使われるようになった Business の略語を使い、ダブルレタースコアとトリプルワードスコアで48点の大得点を得て逆転勝ち!


やった〜!


これには彼もびっくりしてましたが、負けても悔しがって機嫌が悪くなったりしなかったので、

「あ、いい人だな」と思いましたね。


このゲームに費やしたのは何と4時間!

自分でも良く飽きなかったな、と思います。


これが結果です。



ひとつひとつ見てみると、ね、ほとんどが中学生なら習った単語でしょ。


QO と KAは、彼が使った言葉で、聞いたことなかったのですが、辞書に載っていたのでオッケーでした。


これで、二人で出来て、勉強にもなる楽しみが増えました!


皆さんも、ご家族やお友達、又はお子さんと、辞書を使いながらでもやってみたらどうでしょう? 

楽しんでいる間に勉強になりますよ。


 

運営会社

CoCollaborations.com

40 Harrison St. 33C New York, NY 10013 USA

1.212.732.2599

hello@cocollaborations.com

Copyright © 2020 by Coco Masuda