top of page

花農家を営む最高に素敵な友達



a rainbow over the sky above the trees
カヤさんのお家の窓から見えた虹


こんにちは、ココマスダです。


先週、花農家を営む友人のカヤさんのお宅でポットラック女子会があり、うちの屋根の改装が済み、仕事もちょっと落ち着いたところだったので行ってきました。彼女の農場は私のコペークの家からは車で2時間ちょっとかかるので、一晩泊まらせていただく予定だったのですけど、勢いでふた晩泊まってきちゃって久しぶりの息抜きとなりました。


このカヤさん、凄い人なのですよ。一葉式いけ花の一級師範の資格も持つ生花アーティストなのですけど、2020年に、ニューヨーク州の中西部のサリバン郡に、20エーカー(約2万4千500坪)の土地を買って花農家を始めたのです。それも、農薬や化学肥料を使用せず、「星と月の位置関係」に基づいて作物を栽培する有機農法の最高峰である、「バイオダイナミック農法」の農業!


彼女は私より3歳年下。体力が衰える年代で、それも女性ひとりで農業を始める自体無謀なのに、極めて難しい、経費もかかる方法でやる、という決心は感心したといいうか、呆れたというか。50代後半でフルコンの極真空手の黒帯を取った私でも、普通やらないでしょ〜と。


そうは言っても、私はそんなカヤさんのビジネスを、ウェブサイトとグラフィックデザインで応援してきました。年には関係なくやりたい事はやるべき、と言うのは私の信条ですからね。


カヤさんのビジネス、モモグローバルフラワーズのウェブサイト(英語のみ)は


先月ローンチした、生花やいけ花関係の道具が買えるショップサイトは、私は忙しすぎたのでコンサルのみ。本サイトとリンクで繋がっています。


momoglobal flowers logo in purple
momoglobal flowers logo

去年には、カヤさんのご実家の阿部家の家紋を元にしたロゴデザインを、連れ合いのスティーブにも手伝ってもらって仕上げ、その後、数種類の看板もデザインしました。









去年の夏は、ニュージャージー州でファーマーズマーケットを始めようと頑張っていたカヤさん。今年の夏は、農場から片道2時間以上かかるマンハッタンのチェルシーで、ほぼ毎土曜日に出店するそうなので、マンハッタン在住の方は、是非寄って応援してあげてください。 Down to Earth Chelsea Farmers Market

 


The poster for Shinrinyoku Concert 2024

花農家運営だけでは満足しないカヤさん。毎年9月に野外ミニコンサートを開催し、今年で4年目になります。音楽だけでなく、食べ物や生花のプレゼンテーションもあり盛り沢山のイベントです。


私はいつもポスター作成でお手伝い。まだ今年のイベントのミュージシャンは全員決まっていないので、こちらは未完成バージョンです。


コンサートへの参加や寄付はこちらからどうぞ。


冬の間は、素敵に改装した農場の住まいをAirbnb(エアビー)で貸しています。天井が高くて自然光が溢れるリビングスペースは、とてもお洒落で、Ku:nelも取材したほど→ https://kunel-salon.com/life/88576/

*オンラインの記事より雑誌の取材の方が写真も多くて読みがいがありますから、興味がある方はバックナンバーを探してください。

 

今回行ったら、農場には、コンポストトイレや巨大な水のタンクなどが加わっていました。凄〜い。カヤさんが実行していることを見ると、私の忙しさなんて比にならないな、と思ってしまいます。



そんなに超多忙なカヤさんなのにおもてなしも大好きで、自営業を営む女性たちを招待したポットラックを毎年ホストしているそうで、それが今回参加したイベント。カジュアルでくつろげる雰囲気で、アメリカ人はもちろん、イギリス人やギリシャ人など国際的な素敵な女性たちに出会うことが出来て、刺激と元気をいっぱいもらってきました。


ポットラックのテーブルの食べ物
食べ物はこれだけではなくて他のテーブルにも

ポットラックに私が作って持っていったのは、豚ヒレ肉のオーブン焼き、ブロッコリー添え。誰が何を持ってくる、と指示されなかったのに、紫蘇入りお稲荷さん、レモンチキン、タイ風ピーナッツヌードル、ポテトの重ね焼き、2種のサラダ、自家製デザート、とちょうど良いお料理が並んで美味しかったこと!



テーブルで食事をしている4人の女性

翌日の金曜日には、カヤさんは畑仕事やワーカーとの仕事に忙しく、私はいつも通りにパソコンで仕事。でも、その晩は、近くの私が大好きな町、カリクーン (Callicoon) に新しく出来たショップ兼バーのブラック・ウォールナッツ (Black Walnuts) に連れて行ってくれました。素敵〜!!


土曜の朝には、近くの花農家に鉢植えの注文に行ったり、ジェファーソンビル (Jeffersonville) に新しく出来た食料品店兼ミニカフェのサリバン・サンドリー(Sullivan Sundries) に連れて行ってくれたり、楽しかった〜。そこ、日本製のセレクトされている調味料も売っていました。



窓際に座っている笑顔のココマスダ

鉢植えのグリーンハウスにいるカヤさん


カヤさんは私にとって、お互いに励まし合いながら成長していかれる最高の友です。

最新記事

すべて表示

Comentarios


ページトップ
bottom of page